悪役「俺たちは一体、何時から好きだと思い合うようになったんだろうね?」
と彼が改まって私に聞きます。
私はその言葉を聞くと少し気恥ずかしく思うのです。

恋の始まりが何時だったのか?
それは私にも良く分からなかったのです。
気がついたら、彼のことが大切だと感じていましたし
出来る限りの時間を彼に使いたいとも思っていました。

ですので、その気持ちだけで私は彼と恋愛関係に進展していったのです。
何が始まりなのかと考えてみるともしかしたら
「~たい」
という欲望を持ったときではないのかなあと思うのです。

声を聞きたい。
メールの返信が欲しい。
食事だけでもいいから、一緒に行きたい。
そんな小さな「~たい」という気持ちが全ての始まりではないのかなあ・・・と。

それを伝えるのも恥ずかしいことではあったのですが、彼のストレートな言葉を聞いていると
私も自然と伝えたいという気持ちになって行きました。
それからは幾度と無く、2人の間で愛情をやり取りしあったり確認しあったりするようになりました。

それが結果として2人の恋愛を良いものとして育ててくれることになったのです。
それから3年半、2人の関係は終焉を迎えてしまいましたが
終わってしまったものであっても、私はこの恋愛をとても大切に思っています。