セフレと不倫の関係は密接に関連していると言えるでしょう。
なぜならセフレとして付き合っている2人のどちらかが既婚者であれば、そのセフレ関係は不倫関係となるからです。
そして既婚者ほど、面倒を避けたい、家族にバレないように慎重に行動したいという気持ちが強いので欲求不満を解消する相手にセフレを選ぶ傾向があります。

それはそうですよね。
職場の相手に手を出してしまうと、バレた時に修羅場になってしまいます。
また職場の相手で、相手は独身の場合、不倫関係に恋愛感情が発生してしまう可能性もゼロではありません。
そうなってくるとさらに面倒な事態になってしまいます。

ですがセフレなら、恋愛感情がない関係、身体だけの割り切った関係なので、トラブルに発展しにくいというわけです。
と言っても、セフレで恋愛感情がないからといっても、セフレ関係が家族にバレてしまったら、不倫である事には違いありません。
恋愛感情がないから許されるというものでもありませんよね。
そのためセフレ関係でも不倫関係になる場合は、絶対に家族にバレないように注意して付き合う必要があります。

そうなった時に、セフレの相手として選びたいのは、相手も既婚者でW不倫というケースです。
W不倫の方がお互いに不倫とはどういうもので、何をしたらいけないのかをよく理解しています。
そのため家族にバレる行為をしない、秘密を共有できるという点では、非常に信頼をおける相手だと言えるでしょう。

また独身者はセフレは作りたいけれど、不倫には関わりたくないという人もいるでしょう。
その場合、既婚者を除外してセフレを選ぶようにして下さい。