セフレサイトは匿名性が守られているサイトです。
そのため日常生活では、人目を気にしてセフレが欲しいなんて言えない人でもセフレサイトでは堂々とセフレを作りたいと口にする事が出来ます。
しかし、そんな匿名性のセフレサイトであっても、セフレが欲しいという事に抵抗を感じる人がいます。
それは、なかなか自分自身がセフレを欲しいと思っている事を認める事が出来ないのでしょう。
ですが、そんな相手でも言い訳があれば、セフレを作る事が出来ます。

そして出会いの場もセフレサイトではなく、メル友サイトになります。
メル友サイトには、純粋にメル友を作りたいと思っている人も利用していますが、実は内心でセフレを作りたいと思っていてもそれを認める事が出来ない人も利用しています。

でもメル友って結局リアルで会わないまま、メールのやり取りで関係が終わってしまうのなら、セフレ関係にはなれないのでは?
そう思うかもしれません。ですが、メル友サイトの場合、女性は警戒心がないので返信率も高いのです。
そのためまずは、メールを通じて仲良くなる事から関係をスタートさせます。
メル友で仲良くなれば、実際に会って話してみたいという気持ちが生じるのも自然な流れです。
そこで飲みに誘い、飲み友達に発展するわけです。
そして飲み友達と、お酒を飲んで、酔った勢いで一夜を共にしてしまう。
これは、セフレを作りたいという本音を認められない人にとっては、非常に都合がいい展開なのです。
最初からセフレ目当てで会ったのではなく、メル友として会い、お酒の過ちでセックスをしてしまっただけと自分に言い訳が出来るからです。