出会い系サイトではメールのやり取りから関係がスタートします。
そのためメールのテクニックがある男性がモテ、メールのテクニックがない男性がモテないという二極化の現象が生じます。
外見が普通でもメールのテクニックがあればモテるの?
と半信半疑の人も多いと思います。
しかし、メールで好印象を持ってもらえる事が出来れば、会ってもらえる可能性は高まります。
そして実際に会った場合、よほど生理的に受け付けない外見という以外は、拒否される事はないでしょう。
だから少なくとも1回はセックス出来る可能性が高いのです。

では出会い系サイトでモテるメールとはどんなメールなのでしょうか?
それは相手に心を開いてもらうメールを書く事です。
例えば悩みや愚痴を聞いてあげる事は効果てきめんです。
悩みや愚痴に対して、的確なアドバイスをするのではなく、相手に同調する事がポイントです。
「でも、頑張っていると思うよ。」「〇〇さんは悪くないよ」そんなふうに心に寄り添う事で、相手は依存が生じます。
この依存が好意に繋がるため、好感度が上がるというわけです。
もちろん、初対面の相手にいきなり、「何か悩みはないの?」なんて言われても胡散臭くて悩みを相談する人はいません。
悩みを相談できるのは、信頼できる相手なので、まずは世間話など、何気ないメールのやり取りの中で信頼感を勝ち取る事が重要です。
そしてある程度距離が縮まった段階で、「元気がないみたいだけど、何か悩みがあるの?」そんなふうに切り出してみましょう。
悩みが1つもないなんて人はいませんから、悩みを相談してくれる可能性は高いでしょう。