セフレとはセックスフレンドの略です。
フレンドという言葉が含まれますが、友達とは違います。
ではセフレと友達の違いについて紹介していきます。

セフレと友達の違いは、セックスをするかどうかという点が最大の違いだと言えるでしょう。
基本的にセフレとは、セフレサイトなどでセフレを作りたいと思っている人同士が知り合い、出会います。
そしてセックスをして、セックスの相性によって短期的な付き合いで終わるか、長期的な付き合いが続くか決まります。

長期的な付き合いともなれば、セックス以外に時々一緒に食事をするなんて事もあるかもしれません。
また長期的な付き合いともなれば、お互いの事もかなり知っているでしょうし、ある種の情も生まれてくるかもしれません。
そういう意味では、セフレでも長期的な付き合いになれば、友情が芽生えるケースもあるでしょう。

そして友達だと思っている相手とセックスする可能性がゼロなのか?というと一概にそうとも断言出来ません。
異性の友達の場合は、同性の友達とはちょっと距離感も意識も違いますよね。
友達だから女として普段は見ていないかもしれません。
ですが、例えばお酒に酔った時に、お酒の勢いで友達とセックスをしてしまうという事もあるでしょう。
また失恋をした時に、友達に慰めてもらっていて、その勢いでセックスをしてしまうという事もあるかもしれません。
友達とセックスをしてしまう事で、友情にヒビが入る事もあるかもしれませんが、ヒビが入らないケースもあります。
そして、お互いにフリーの時は、欲求不満の解消の相手としてセフレも兼ねる、そんな友達関係もありと言えばありでしょう。